革製品

【レビュー】SECRID(セクリッド)ミニウォレット。ワンタッチでカードが飛び出す【カードケース】

カードとスマホでほとんどの支払いができるようになったキャッシュレス社会では、大きな長財布や分厚い二つ折り財布は正直オーバースペック。

実際、財布の小型化は急速に進んでいて、「コンパクト財布に乗り換えたい」「休日のサブウォレットとして邪魔にならない財布が欲しい」なんて方も多いはず。

そこでおすすめしたいのが、ワンタッチでカードが飛び出して超絶スマートに支払いができる「SECRID(セクリッド)」(シークリッドとも)のミニウォレット。

現金の収納は最小限にしてサイズを極力コンパクトに、でもカード類はそれなりに入る、しかも男心をくすぐるギミックがソソる、キャッシュレス時代に最適のミニ財布だ。

飛び出すギミックがクセになる。SECRID(セクリッド)のミニウォレット

  • カードが飛び出すギミックが楽しい
  • ミニサイズにカードを最大9枚程度収納可能
  • アルミ素材がカードの破損やスキミングを防ぐ
  • 合皮ではなく本革を使用している
  • お札・小銭の収納はオマケ程度
  • サブポケットにカードを入れすぎるとパンパンに膨れて不格好になる

「SECRID(セクリッド)」の最大の魅力はカードが飛び出す驚きのギミック。百聞は一見にしかず、実際にご覧あれ。

なんと!下のレバーを引くと、「シャッッ」と一瞬でカードが出現。これはスゴい。そしてカッコいい。

このギミックは単に面白いというだけでなく、わざわざ財布を開けることなくカードの取り出しが可能になるというメリットも。最短でカードにアクセスできて便利だ。

特許取得の独自メカニズムによって段差が付いて出てくるため、目的のカードを見分けやすくスムーズに取り出せるのもイイ。

レバーを引いた際に、勢い余ってカードが飛んでいくなんてことはもちろんない。

カードをしまう時は上から押し込むだけ。こちらも非常に簡単。

収納している状態で逆さにして振っても、カードが落ちることは一切なかった。これは安心。

男心をくすぐるギミック

すでに解説した通り、SECRIDの魅力は何といってもカードが飛び出すギミックだ。

これがとにかく楽しいし、クセになる。こういう謎のハイテク感は男心をくすぐられるよね。

僕は購入以来、意味もなく何度も飛び出させてしまっている。Zippoの「キーーン」という開閉音を聞きたいがために、無駄にフタを開け閉めしてしまう現象に似ている。笑

会計の時にシャッッと取り出せばとってもスマートだし、周りからの注目も間違いなし。

ちょっとした話のネタにもなりそうだ。

メインスペースにカードを5枚収納可能

メインスペースにはカードを5枚程度収納可能

仕切りなどはなく、そのまま押し込むだけでセット完了だ。

クレカ2枚、キャッシュカード1枚、ポイントカード2枚ぐらいを入れておけば、これだけで日常の支払いはほぼカバーできる。

ジムやカーシェアの会員カードなど自分がよく使うカードを入れておくのも良いだろう。

ちなみに、5枚きっちり入れないといけないわけではなく、例えば1枚だけ入れた場合でもしっかり飛び出すし、落ちることもない。

メインスペースはアルミ素材ゆえ、カードの破損や曲がりを防ぎ、スキミング防止にもなる。

安全面でも高評価だ。

最低限のお札や小銭も入る

ボタンを外すと、メインスペース以外の収納スペースにアクセス可能。

こちらには小銭入れとしても使えるカードポケット2つとお札の収納スペースを完備。

カードポケットには各2枚ずつの合計4枚までカードを収納可能。だたし、革が馴染むまではボタンを留めるのがキツいため、1枚ずつに抑えた方が良いかも。

こちらには免許証や保険証といった、普段使わないけど持っておかないといけないカードを入れておくのがおすすめ。

また、ICカードを入れておけばそのままタッチで改札を通れるため、パスケース代わりにもなって便利だ(メインスペースに入れると反応しないため注意)。

カードポケットは小銭入れとしても使用できるが、外から小銭のフォルムが浮き出てしまうため、入れるとしても5枚程度にしておくのが無難。

僕個人としては、基本小銭は入れず、お札で支払った時にやむなく出てしまった場合だけ応急処置的に入れるのをおすすめしたい。

お札は左側の札ばさみに二つ折りで収納。

枚数は3~5枚程度で、小銭と同じくこちらもあくまで最低限の収納力。

基本カードメインで使う方向けの財布(というかほぼカードケース)ゆえ、「ワイはいつもニコニコ現金払いやで」という方には一切おすすめできない。笑

超ミニサイズだかカードの収納力は十分

SECRIDのサイズはH6.5×W10.2×D2.1cmで、名刺入れとほぼ同じかそれ以上に小さい。

これだけコンパクトでありながら、カードは合計9枚程度収納できる十分な容量を備えている。

キャッシュレス生活をしている方であれば不自由することはほぼないだろう。

「9枚では足りないよ」という方は、一度カードの断捨離をすべき。というか、それならそもそもコンパクト財布は向かない。笑

これだけの容量を備えつつ、厚みの実寸は約2.5cmと比較的スリム。サイズ自体の小ささもあってポケットに入れても全く邪魔にならずに使える

スマホより断然小さいため、デニムの前ポケットにも余裕で入るのは嬉しい限り。

これだけコンパクトであれば、スーツの内ポケットに入れてもシルエットを崩すこともなくビジネスシーンでも使いやすい。

多彩なレザーと圧倒的なカラバリ


出典:SECRID公式サイト

SECRIDのミニウォレットの外装には本革が使われているが、その種類は実に多彩。

シンプルで滑らかな「オリジナル」、ワックス加工で味のある風合いに仕上げた「ヴィンテージ」、頑丈で手入れが簡単な「マット」など、見た目も質感も異なるモデルが16種類も揃っている。

また、各モデルごとにカラバリも豊富に揃っており、選ぶ楽しみがより一層広がる。

今回僕が購入したのは、ヴィンテージのブラウンカラー。

長年使い込んだような色ムラのある風合いを購入当時から楽しめるのが魅力だ。

傷は付きやすいが、それも味として昇華される。

会計を楽しく、スマートに

SECRIDのワンタッチでカードが飛び出すギミックは、見た目にも楽しくとってもスマート。

わざわざ財布を開けることなくカードを取り出せるため実用面でも優秀だ。

超コンパクトなサイズでありながら十分なカードの収納力を備えているため、サブウォレットとしてだけでなくメインウォレットとしてもしっかり使える。

キャッシュレス時代の相棒に相応しい逸品だ。

  • 価格(定価):8,000~10,000円(税抜)前後
  • 型番:Miniwallet
  • カラー:ブラック、ブラウン、コニャック、チョコレート、オリーブ、ローズ他多数
  • サイズ:H6.5×W10.2×D2.1cm
  • 重さ:約72g
  • 仕様:メインポケット、カードポケット×2、札ばさみ
  • 素材:本革、アルミニウム
  • 生産国:オランダ
ABOUT ME
ヨッシー
ヨッシー
モノが大好きな京都在住のアラサー男子。心をちょっと豊かにする、こだわりのモノを紹介しています。気に入った記事のシェア、ツイッター・インスタのフォロー等していただけると嬉しいです!