革製品

【レビュー】エムピウの『piastra(ピアストラ)』【わずか1.5cmの薄い二つ折り財布】

キャッシュレス化で現金の使用頻度が激減したこともあり、ここ数年コンパクトな財布を使う方が増えている。

コンパクト財布はポケットにすっぽり収まるのが便利だが、縦横のサイズが小さい分厚みが出てポケットが膨らんだり、座った時に違和感があるなんてことが少なくない。

そんなケツポケお悩みあるあるを解決するために作られたのが、「m+(エムピウ)」『piastra(ピアストラ)』だ。

ケツポケ専用に作られた極薄の二つ折り財布をレビューしていこう。

▽YouTubeでもレビューしました▽

m+(エムピウ)とは?

東京・蔵前に本拠を構えるレザーブランド。他にはないユニークなデザインと考え抜かれた機能性を兼ね備えた財布やペンケースが人気。使い込むほどに育つイタリア産レザーのエイジングも魅力。

薄さにこだわったエムピウの二つ折り財布『piastra(ピアストラ)』

  • 厚みが約1.5cmと非常に薄い
  • ケツポケでも全く邪魔にならない
  • お札・小銭・カードを一覧で管理できる
  • フリースペースが地味に便利
  • 小銭の収納枚数が少ない(薄さがコンセプトなので仕方ないが)
  • カードポケットが少ない(枚数は7枚程度入る)

「m+(エムピウ)」『piastra(ピアストラ)』はとにかく薄さにこだわった二つ折り財布。

ピアストラはイタリア語で「板・プレート」の意味で、名前の通りまるで一枚の板のような薄さが特徴だ。

厚さは約1.5cmで一般的な二つ折り財布と比べてもその差は歴然。

縦横のサイズはH10.5×W10とほぼ正方形で二つ折り財布よりは少し大きめだが、実は後ろポケットは思っている以上に大きいため縦横のサイズよりも薄さを重視して作られている。

内装は一般的な二つ折り財布とは一線を画す、エムピウらしいユニークかつ実用的な構造(使い方は後述)。

札入れの構造や収納の配置は同じエムピウのミニ財布『straccio(ストラッチョ)』に近いが、ストラッチョのように三つ折りでない分より薄く仕上げることが可能となっている。

厚さわずか1.5cmながらお札・小銭・カードが全て入る

ピアストラは厚さ約1.5cmと極薄ながら、お札・小銭・カードが全て入る仕様。

小銭も入りつつこの薄さに抑えているのがスゴい。普通の小銭入れ付き二つ折り財布だと、この厚みを実現するのはまず無理だろう。

ここからは使い方の解説。まず、お札は一番奥に収納する。

試しに10枚入れてみたが、まだ十分余裕はある。

右側は縫われていないため、お札の出し入れがとってもスムーズだ。

レジで店員さんがお札を数える時のような動作ができるため、お札の枚数を数えたり真ん中にあるお札を出すことも簡単にできる。

札入れの手前にはフリースペースが設けられており、こちらにはレシートやクーポンなどを収納可能。これが結構便利で気に入っている。

コンパクトな財布でよくある“レシートどこに入れるねん問題”はこれで解決だ。

小銭は手前の上側のポケットに。

底が浅く見やすい作りになっているが、薄さを重視しているため収納枚数は10~15枚程度とあくまで最小限。

小銭を頻繁に使う方向けの財布ではないことは理解しておいていただきたい。

小銭入れにボタンは付いていないが、フタが上から縫われているため小銭が落ちにくい仕様になっている。

試しに逆さまにして振ってみたが、小銭が出ることはなかった。

ただし、ピアストラはあくまでケツポケ用の財布のため、バッグインした場合小銭がこぼれる可能性はあるので注意していただきたい。

ちなみに、小銭を使わない場合はキーポケットとして使うこともできる。

カードは一番下のポケットに5~6枚程度入る。

比較的馴染みやすい革ではあるが、はじめのうちは3枚程度にしておくのが良いと思う。

薄さを考えるとカードの収納枚数は十分だが、ひとつのカードのポケットにたくさんのカードを入れる仕様のため出し入れがやや面倒なのが難点だ。

内側以外に、外側の背面にもカードポケットを備えている。

こちらにはカードを2枚ほど収納可能。内外合わせて合計7~8枚程度入る。

ICカードを入れておけばパスケース代わりになるし、よく使うクレジットカードをここに入れておくのも良い。

お札10枚、小銭10枚、カードはまだ馴染んでいないため3枚を入れた状態で、実寸の厚みは2cm以下。

さすが、薄さにこだわっているだけのことはあるね。

お尻のカーブに沿って座った時も気になりにくい

ケツポケの大きな難点のひとつが座った時の違和感だろう。

厚みのある財布だと、財布を入れている側と入れていない側で高さが変わってしまいかなり座りづらい。

お店で座る時はポケットから出す方も多いだろうが、電車でちょっと座る時などに毎回財布を出すのは面倒だ。

その点、ピアストラは超スリムゆえケツポケで座ってもほとんど気にならない

また、普通の二つ折り財布だとカードポケットが邪魔になって柔軟性がないが、ピアストラは柔軟性を発揮できる構造になっており、お尻のカーブに沿ってくれるのもケツポケで座りやすいポイントだ。

さすがはケツポケのための財布。よく考えられている。

味のある革質でカラバリが豊富

ピアストラで使われているレザーはエムピウではお馴染みのミネルバリスシオ

ミネルバリスシオはイタリアの伝統的なバケッタ製法で作られた革で、キメ細かくスムースな革質手に吸い付くようなソフトな手触りが特徴だ。

オイルをたっぷり含んでいるためエイジングしやすく、使い込むほどに色味が濃くなり艶が増すのも特徴的。豊かな経年変化を存分に楽しめるレザーだ。

カラバリは以下の全8色。

  • ブラック
  • シエナ
  • プルーニャ
  • カスターニョ
  • オルテンシア
  • ポーネ
  • オリーバ
  • レッド

相変わらずエムピウの財布はカラバリが豊富なのがイイ。

出典:エムピウ公式サイト

僕はベーシックなブラウンカラーのシエナを選んだ。

ピアストラではプルーニャやオリーバといった、エムピウの他の財布ではほとんど使われていない珍しいカラーが揃っているのもポイントだ。

ケツポケ派のための薄い財布

ピアストラはエムピウが公式に“パンツの後ろポケットに入れるための「薄い財布」”と謳っている通り、ケツポケ派のために作られたお財布だ。

厚さわずか1.5cmと極薄で、お尻の形に沿うソフトな質感のためケツポケで座ってもほとんど違和感なく使えるのが嬉しい。

薄マチながら最低限のお札、小銭、カードを全て収納できるのも◎!

ポケットに財布だけ入れて身軽に出かけるにはもってこいだね。

  • 価格(定価):10,000円(税抜)
  • 型番:piastra
  • カラー:ブラック、シエナ、プルーニャ、カスターニョ、オルテンシア、ポーネ、オリーバ、レッド
  • サイズ:H10.5×W10×D1.5cm
  • 重さ:約60g
  • 仕様:札入れ、小銭入れ、カードポケット×2、フリースペース
  • 素材:牛革
  • 生産国:日本
ABOUT ME
ヨッシー
ヨッシー
モノが大好きな京都在住のアラサー男子。心をちょっと豊かにする、こだわりのモノを紹介しています。気に入った記事のシェア、ツイッター・インスタのフォロー等していただけると嬉しいです!