革製品

シンプルの中に個性が光る。Hender Scheme(エンダースキーマ)のL字ファスナー財布『L purse(Lパース)』

L字ファスナー財布(いわゆるLファス)といえば、長財布や二つ折り財布と並んで財布の定番の形。

スリムでかさばらないので、ケツポケ派の方を中心に根強い人気があります。

ただ、シンプルな形ゆえにどこのブランドでも同じようなデザインになりがちで、他の人と差別化しにくいのが惜しいところ。

そんなアレンジの難しいLファスですが、日本の人気レザーブランド「Hender Scheme(エンダースキーマ)」から出ている『L purse(Lパース)』は一味違います。

いたってシンプルなのに遊び心も光る秀逸な出来栄えだったのでご紹介します。

  • シンプルながらエンダースキーマらしい遊び心が光る
  • 味のあるエイジングを楽しめるヌメ革
  • 内側にもヌメ革を張った頑丈な作り
  • カードポケットを2つ搭載
  • 頑丈な分やや出し入れがしにくい
  • ヌメ革のL字ウォレットとしては価格が高め

定番なのに個性的。Hender Scheme(エンダースキーマ)のL字ファスナー財布『L purse(Lパース)』

こちらが「Hender Scheme(エンダースキーマ)」のL字ファスナー財布『L purse(Lパース)』

一見するとスタンダードなLファスですが、特徴的なのはサイドから飛び出たタグのような部分。

ナチュラルなヌメ革にエンダースキーマのロゴがゴールドカラーで刻印されており、シンプルなデザインのアクセントになっています。

普通に見えて実はヒネりが効いている、エンダースキーマらしい遊び心が光りますね。

メインの素材にはエンダースキーマではお馴染みのヌメ革を使用。

ヌメ革は経年変化が大きいのが魅力で、僕が購入したナチュラルカラーだと新品の時は淡いベージュカラーですが、使い込むことで深い飴色に変化していきます。

このヌメ革ならではのエイジングがたまらなく良いんですよね。

ファスナーまわりのカラーはホワイトで、ヌメ革とのカラーのコントラストが鮮やか。

ナチュラル以外のカラーはレザーとファスナーまわりのカラーを統一し、ヌメ革のタグの色味をより強調しています。

出典:エンダースキーマ公式サイト

こうした細かな色使いにもエンダースキーマらしいセンスが光ります。

内装は中央に小銭ポケットが付いたベーシックなLファスの形。

他のブランドのLファスだと内側は革の裏地がむき出しのものも多いですが、エンダースキーマは内側にもヌメ革を張った丁寧な作りになっています。

元々ヌメ革は耐久性の高い素材ですが、内側まで張ることでさらに頑丈に。長く使ってもヘタレにくいのが嬉しいです。

サイドにはカードポケットが2つ。

カードポケットとメインの収納部分に分けてカードを入れられるので、Lファスの中ではまずまずの収納力も備えています。

サイズはH10.5×W13×D2cmで、一般的なLファスと比べると少し大きめです。

コンパクトなガンゾのLファス(ZIPパース)と比べるとこんな感じ。

横幅が2cmほど長いですが、とはいえポケットにすっぽり収まるので気にはならないと思います。

価格は16,000円(税抜)とLファスとしてはやや高めですが、これは内側までヌメ革を張っているため仕方ないかと。

他のLファスとは一味違うセンスがあり、エンダースキーマファンならずともおすすめできる逸品ですよ。

  • 価格(定価):16,000円(税抜)
  • 型番:nc-rc-lps
  • カラー:ナチュラル、ブラック、ネイビー、ブラウン、レッド
  • サイズ:H10.5×W13×D2cm
  • 重さ:約88g
  • 仕様:メインポケット、小銭ポケット、カードポケット×2
  • 素材:牛革
  • 生産国:日本

遊び心が光るレザータグ

エンダースキーマといえば、シンプルの中に個性がキラリと光る発想豊かなデザインが魅力。

こちらのLパースも、ド定番の形にレザータグをプラスすることで遊び心を加えています。

見慣れた形も少し変化を加えるだけで一気に新鮮な印象になりますね。

しかも、これの面白いところはあとからタグを付けるのではなく、小銭ポケットのパーツの縫い代を伸ばしてタグのようにしているところ。

タグを付けるだけなら誰でも思いつくかもしれませんが、この発想はスゴいです。

僕は「エンダースキーマといえば純粋無垢なヌメ革やろ〜」ってことでナチュラルカラーを購入しましたが、それ以外のカラーならヌメ革タグとのカラーのギャップも楽しめるので正直めちゃくちゃ気になってます。

購入される方は大いに迷ってください(笑)

耐久性の高い素材と作り

エンダースキーマでよく使われるヌメ革は、加工が少ない分繊維がギュッと詰まっており耐久性に優れた素材。

しっかりとした厚みがあり非常に頑丈なので、お尻のポケットに入れてガシガシ使っても型崩れしにくいです。

また、エンダースキーマのLパースは内側までヌメ革が張られているためさらに堅牢な作りになっています。

はじめのうちはその硬さが逆に使いにくいと感じるかもしれませんが、使い込むほどに繊維がほぐれて手に馴染むようになります。

ヘタらず長く使えて、使えば使うほどヌメ革のエイジングも楽しめる、一生愛せるお財布と言っても過言ではないですね。

カードポケット付きで収納面も安心

L字ウォレットはコンパクトなサイズがウリのため収納力はイマイチですが、エンダースキーマのLパースは内側にカードポケットが2つ付いているため収納力もまずまず。

ポケットの形を直線ではなく手前を下げることでカードを掴みやすい工夫もされています。細かな配慮ですが、これが地味に嬉しい。

メインの収納部分と合わせて7枚程度はカードが入るので、ポイントカード少なめの方であれば十分対応できると思います。

カード7枚に加えてお札と小銭を10枚ずつ入れるとこんな感じ。

これで厚みは約2.5cm。内側までヌメ革が張られているの耐久性の面ではメリットですが、その分開きにくくなってしまうのがデメリットでこれだけ入れるとやや取り出しにくいです。

使いやすさを考えるとカード5枚、お札5~7枚、小銭5~7枚程度に抑えるのが良いかと。

革が馴染んでくれば次第に開きやすくなりますよ。

定番にも遊び心を

アレンジの難しいド定番のLファスも、エンダースキーマの手にかかれば一気に新鮮な印象に。

小銭ポケットを伸ばしてタグにするという発想には脱帽です。

もちろん、デザインセンスだけではなく作りも非常に丁寧で頑丈。

エンダースキーマの代名詞とも言えるヌメ革のエイジングも存分に楽しめますよ。

ABOUT ME
ヨッシー
ヨッシー
モノが大好きな京都在住のアラサー男子。心をちょっと豊かにする、こだわりのモノを紹介しています。気に入った記事のシェア、ツイッター・インスタのフォロー等していただけると嬉しいです!