腕時計

メタル+樹脂のハイブリッド。ミリタリー仕様のG-SHOCK 『GM-5600B-3JF』

2018年に大ヒットしたフルメタル仕様の「G-SHOCK(Gショック)」

メタルならではの重厚な雰囲気がめちゃくちゃカッコよくて、僕も欲しいなと思っていたのですが、いかんせん価格が5万円オーバーということでどうにも手が出ませんでした。

ですが今回、メタルと樹脂を組み合わせたハイブリッドな新作がフルメタルの半額以下の“買える”価格で登場しました。

メタル+樹脂はどんなもんかと思って見てみると、これむしろフルメタルよりカッコいいやん!(個人の感想です)ということで、ついつい手を出しちゃいました(笑)

  • ミリタリーテイストの武骨な仕上げ
  • メタルの高級感と樹脂の軽さの良いとこ取り
  • G-SHOCKならではの頑丈さ
  • 少し時間が見にくい

ステンレスと樹脂を組み合わせたG-SHOCK 『GM-5600B-3JF』

今回発売され『GM-5600B-3JF』は、ステンレスと樹脂素材を組み合わせたハイブリッドな一本。

ベゼルカバー部分に硬質なステンレス素材を採用し、バンドとケース内部には従来通りの樹脂素材が使われています。

メタルの重厚な雰囲気とカーキカラーのミリタリーライクな樹脂バンドが相まってめちゃくちゃカッコいいです。

文字盤にはドットで描かれたカモフラ柄が。

ドットで表現されているのがデジタルっぽくて良いですね。

デザインはG-SHOCKの定番中の定番と言えるスクエア型の5600シリーズがベースで、存在感がありつつも変に悪目立ちすることもなく着けやすいです。

カラーは僕が購入したもの以外にシルバーケース×ブラックバンドの『GM-5600-1JF』とオールブラックの『GM-5600B-1JF』がラインナップされています。

出典:CASIO公式サイト

樹脂バンドなので重さが約73gと比較的軽く、フルメタルモデルの167gと比べると半分以下の重量に抑えられているのも◎!

通常のオール樹脂モデルと比べると20gほど重いですが、実際に着けていても全然気になることはありません。

スペックに関しては、フルメタルの『GMW-B5000D-1JF』に搭載されているBluetooth通信や電波受信、タフソーラーなどの機能はなく通常モデルと同等です。

まぁとはいえ、G-SHOCKならではの耐衝撃性能に加えて20気圧防水、ストップウオッチ、タイマー、マルチアラーム・時報、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト、報音フラッシュなどの多彩な機能が搭載されているので十分すぎますが!笑

  • 価格(定価):24,000円(税抜)
  • 型番:GM-5600B-3JF
  • ムーブメント:クォーツ式(電池)
  • サイズ:43.2mm
  • 厚さ:12.9mm
  • 重さ:約73g
  • バンド:樹脂
  • ケース:ステンレススチール/樹脂
  • ガラス:無機ガラス
  • 防水:20気圧防水
  • 機能:耐衝撃構造、ストップウオッチ、タイマー、マルチアラーム・時報、フルオートカレンダー、12/24時間制表示切替、ELバックライト、報音フラッシュなど

メタルの重厚感とミリタリーの武骨さが◎!

ベゼルカバーにステンレスを採用した今回のモデルは、メタルならではの重厚な雰囲気が抜群にカッコいいです。

鈍く黒光りするガンメタのようなカラーリングに仕上げられていて、圧倒的な存在感を放ちます。

G-SHOCKって元々ゴツっとしたデザインでワイルドな雰囲気はありましたが、オール樹脂だとどうしても少しチープな印象になりがちだったんですよね。

ですが、このモデルならズシッとした重厚感があってチープさは微塵もありません。

質感の良さは通常の樹脂モデルよりも数段上ですね。

ベゼル部正面はヘアライン仕上げで光沢を抑えて大人っぽさを演出しつつ、それ以外の部分は鏡面仕上げで光沢を出しメタルの質感を強調する凝った作りになっているのも見事です。

そしてこのメタルの重厚な雰囲気にしっかりマッチしているのが、カモフラ柄の文字盤とカーキカラーの樹脂バンド。

ドット柄で描かれたカモフラ柄はベゼルのブラックカラーに合わせて派手すぎない暗めのトーンでデザインされています。

ブラックベースの反転液晶を採用して統一感を持たせているのもなかなか渋いですね。

お馴染みの樹脂バンドはカーキカラーでミリタリー感増々です。

この武骨さと重厚感のあわせ技で最高に男らしい一本に仕上がっています。

見た目を裏切る軽さ

ステンレスパーツを使っているとどうしても気になるのが重さです。

腕時計が重いと地味に疲れて着けるのが億劫になりますよね。

この『GM-5600B-3JF』は一見重そうですが、約73gと比較的軽量に抑えられているのも気に入ったポイントです。

ズシッとした重厚感のある見た目を良い意味で裏切ってくれています。

もちろん通常のオール樹脂モデルよりは多少重いですが、フルメタルモデルと比べると重さは半分以下

腕に着けても全然気にならないレベルなので実用度も高いですね。

耐久性・機能性は言わずもがな、価格も良心的

ベゼルカバーがステンレスになっても、G-SHOCKが誇る耐久性の高さ高機能はもちろん健在。

ケース内でモジュールを浮かせるように配置して外部からの衝撃伝達を緩和する、G-SHOCK独自の中空構造ケースによって非常に衝撃に強くちょっとやそっとでは壊れません。

頑丈さでG-SHOCKの右に出るものはないでしょうね。

ベゼルカバーがステンレスなので傷が少し心配ですが、元々武骨な雰囲気なので多少傷がついてもそれはそれで良い味になるかなと思います。

20気圧防水を搭載していてプールやアウトドアでも気兼ねなく使えるのも◎!

ストップウオッチ、タイマー、フルオートカレンダーなどの多彩な機能も搭載されています。

フルメタルモデルに搭載されていたBluetooth通信や電波受信、タフソーラーなどはありませんが、その分価格は半額以下の24,000円(税抜)と比較的リーズナブルに抑えられています。

これぐらいであれば、僕を含めて「フルメタルはさすがに手が出なかった」という方のお財布も緩むはず!

武骨にキマる大人のG-SHOCK

ステンレスと樹脂を組み合わせた『GM-5600B-3JF』は重厚な見た目と着用しやすい軽さを両立したハイブリッドな一本。

ミリタリーの要素をふんだんに盛り込みつつもグッと洗練された雰囲気をまとい、大人の男性にぴったりです。

価格も2万円台とそこまで高くないので、初めての“メタルG”の最有力候補かと!

ABOUT ME
ヨッシー
ヨッシー
モノが大好きな京都在住のアラサー男子。心をちょっと豊かにする、こだわりのモノを紹介しています。気に入った記事のシェア、ツイッター・インスタのフォロー等していただけると嬉しいです!