革製品

【レビュー】開けてビックリ。超コンパクトなm+(エムピウ)のラウンドファスナー財布『zonzo(ゾンゾ)』

キャッシュレス化で現金を使う機会が減ったこともあり、近年人気なのが手のひらサイズのミニ財布。

でも、ミニ財布ってお札をいちいち折って入れるタイプのものが多くて地味に面倒なんですよね。

そんなミニ財布のデメリットを解消すべく作られたのが、「m+(エムピウ)」のラウンドファスナー財布『zonzo(ゾンゾ)』

コンパクトな中にエムピウらしい独創的なアイデアの詰まった逸品です。

▽YouTubeでもレビューしました▽

m+(エムピウ)とは?

東京・蔵前に本拠を構えるレザーブランド。他にはないユニークなデザインと考え抜かれた機能性を兼ね備えた財布やペンケースが人気。使い込むほどに育つイタリア産レザーのエイジングも魅力。

  • 超コンパクトな手のひらサイズ
  • 極小サイズながらお札・小銭・カードが全て入る
  • お札を折りたたまずに収納できる(若干折り目はつくが)
  • エイジングしやすいイタリア産レザー
  • カードが取り出しにくい
  • たくさん入れるとジッパーが閉まりにくい

m+(エムピウ)のラウンドファスナー財布『zonzo(ゾンゾ)』

お札をいちいち折ってから入れる手間を省きたいという想いで作られた、「m+(エムピウ)」のミニ財布『zonzo(ゾンゾ)』

見た目はラウンドファスナーの長財布をギュッとコンパクトにした感じで、一見するとキーケースのよう。

名刺入れと変わらないぐらいの超ミニサイズなので、これを財布だと思う人は少ないかもしれません。それぐらい小さい。

同じエムピウの人気作『millefoglie Ⅱ(ミッレフォッリエ2)』とサイズを比べるとこんな感じ。

ミッレフォッリエ2もコンパクトなお財布ですが、ゾンゾはそれよりもさらに二回りは小さいです。

開けてびっくりな、お札を折らずに収納できる画期的構造

“お札を折らずに”というコンセプトの肝となるのが、ファスナーを開けるとまずお出迎えしてくれる一枚革。

実はこちらが札ばさみになっており、お札はこの一枚革の間に挟み込んで収納します。

札ばさみの下側はあえて縫わず、お札の出し入れをしやすくする工夫もされています。

革には予め折り目がついているため、ファスナーを閉める際は内側にくるっと丸めれば簡単に閉められます。

つまり、札ばさみに挟んでファスナーを閉じるだけで自然とゆるやかな三つ折りになるということ。

事前にいちいちお札を折らずに済むので、コンパクト財布ながらお札の収納がスムーズに行えるというわけです。いや〜この仕組みはスゴい。

使い勝手にとことんこだわるエムピウの真骨頂ですね。

小銭ポケットも使いやすい!ただしカードの出しやすさは微妙

札ばさみの両サイドは左右対称の作りで、マチ付きのポケットとカードポケットがそれぞれひとつずつ。

マチ付きのポケットは口が大きく開くため視認性が良く、小銭の出し入れが非常にしやすいです。

コンパクト財布は小銭が取り出しにくいものが多いですが、ゾンゾは十分合格レベル。

左右両方に同じマチ付きポケットがありますので、一方は小銭入れ、もう一方はカードポケットとして使えます。

マチ付きポケットにカードが3枚程度入りますが、こちらの使いやすさは正直イマイチ。

一番前のカードはスムーズに取り出せますが、奥のカードは取り出しにくいので複数のカードを頻繁に使う方には向かないかも。

小銭ポケットと兼用の形ではなく、カード専用の取り出しやすい仕様になっていればなお良かったですね。

マチ付きポケットの奥にはカードポケットが。

こちらも両サイドにあり各1枚ずつカードを収納できます。

ただし、こちらは出し入れする際にファスナーが邪魔になるためかなり取り出しにくいです。

そのため、免許証や保険証などのめったに取り出さないカード類を入れたり、ICカードを入れてパスケース感覚で使うのが良いかと。

機能をギュッと凝縮した超ミニサイズ

上で解説したようにカードはやや取り出しにくいものの、H7×W10.5×D2.5cmの超ミニサイズにこれだけの機能を凝縮しているのはやっぱりスゴい。

iPhone XSと比較してもこれだけ小さいですからね。まさに手のひらサイズ。

厚みは約2.5cmで薄型の長財布などと比べると厚いですが、小さい分厚みが増しがちなコンパクト財布の中では及第点といえるかと。

このコンパクトな中にお札5枚、小銭10枚、カード5枚程度を収納できるので、ちょっとしたお出かけくらいであればこれで十分対応できます。

ショッピング、旅行、アウトドアなど極力手持ちの荷物を減らしたい時にもおすすめ。休日用のサブウォレットとして使うのも良いですね。

お札をいちいち折って入れる手間もなく、ファスナー式なので多少詰め込んでも中身が出てくる心配がないのも◎!

ちなみに、公式ではお札10枚、小銭15枚、カード5枚まで収納可能とのこと。さすがにこれだけ入れると暴発寸前なので推奨はしませんが(笑)

ぐんぐん経年変化するイタリア産レザー

ゾンゾで使われているレザーは植物性タンニンをたっぷりと染み込ませて鞣すイタリア伝統のバケッタ製法で作られた、バダラッシィ・カルロ社(イタリア)のミネルバリスシオ

ミネルバリスシオはシボ感のないスムースな革質とオイルをふんだんに含んだ味のある雰囲気が魅力。

使い込むほどに内側からオイルが滲み出てきて、ぐんぐんと色味が深まり艶感も増していきます。

例えば、ゾンゾと同じくミネルバリスシオが使われているエムピウのペンケース『ロトロスエード』の経年変化はこんな感じ。

どうですか、この風合いと色味の変化!もはやエイジングの鬼です(笑)

僕は今回始めてオルテンシアというブルー系のカラーを購入したので、これがどのようにエイジングしていくか楽しみでたまりません。

ゾンゾは全8種類の豊富なカラバリが揃っていますので、購入時のカラー選びはもちろん経年変化の仕方でも多彩な楽しみ方ができますよ。

“らしさ”が詰まったミニミニ財布

ゾンゾは超ミニサイズの中にエムピウならでは独創性あふれるアイデアが詰まった逸品。

コンパクトなだけでなく使い勝手にもこだわって作られており、まさに“らしさ”全開です。

ズボンのポケットのお供に、手のひらサイズのミニミニ財布を。

  • 価格(定価):15,500円(税抜)
  • 型番:zonzo
  • カラー:ブラック、コニャック、タバコ、グリージョ、ナポリ、オルテンシア、サッビア、レッド
  • サイズ:H7×W10.5×D2.5cm
  • 重さ:約90g
  • 仕様:札入れ、マチ付きポケット(小銭入れ)×2、カードポケット×2
  • 素材:牛革
  • 生産国:日本
ABOUT ME
ヨッシー
ヨッシー
モノが大好きな京都在住のアラサー男子。心をちょっと豊かにする、こだわりのモノを紹介しています。気に入った記事のシェア、ツイッター・インスタのフォロー等していただけると嬉しいです!